屋上の庭 

ML MODERN  LIVING 「モダンリビング」9月号に載せていただきました。

テーマは「屋上ガーデン」  p.143~145

現在の住宅事情では住宅と庭の両方を入手する事は困難と思われます。

限りのある敷地の中で唯一手付かずの場所それは屋上を庭として活用することです。

ただ造るだけでは意味がありません。コンセプトを決め空間の庭として頻繁に使用することが

望ましく、住宅の設計段階で重量や防水などを考慮した計画をたてる事が大切です。

屋上の庭はプライベートが唯一守られる家族にとってはなくてはならないコミュニケーション

の場所となるのではないかと思います。

「東京都渋谷区 S様邸」

”2階の坪庭”

植栽関係は(アセビ、サカキ、スギコケ)です。石材関係は景石に富士石、飛石に軽量の

溶岩石(400×400×60)6枚、周りの化粧砂利も軽量溶岩石(40~50径ブラックカル)

客土は、軽量土を使用しております。

”3階の庭”

植栽関係は(キンモクセイ、ギンモクセイ、ドウダンツツジ、アシタカツツジ、モミジ、スギコケ

タマリュウ、ハイビャクシン2種類、タイム3種類、ローズマリー、ヘデラ3種類、ジャスミン)

石材関係は(富士溶岩石、御影石丸型、軽量化粧砂利、黒玉砂利、白玉砂利、瓦)

客土は軽量土を使用しております。

造園工事・屋上緑化工事・エクステリア工事  ドースワン

 

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://www.dohsuone.net/archives/1032/trackback