商業施設の外構工事

まだまだ、暑い日が続きますが今年の暑さは異常といえるほど暑いです。

この現場に入ってから1ヶ月以上が経ちますが毎日のように職人さん達が熱中症で

倒れています。この間、私も熱中症になってしまい病院で点滴を受けなんとか復活

しましたが、なにしろ初めての経験だったのでこれが熱中症かと思い知らされました。

それからは、塩水とビタミンCはこまめに補給して喉が渇く前に水分を補給する様に

心がけてこの暑さを凌いでいます。あっ、そうそう ポカリやアクエリアスなどのスポーツ

ドリンクは濃すぎて後を引くのでうすめて飲むといいでしょう。

外構の工事となると、2次製品(L型擁壁やU字構)などの据付や、現場打ちの擁壁

や側溝、重力式擁壁などさまざまな形のその場所に合った構造物に変わってきます。

それぞれに、違った型枠の組み方や鉄筋の組み方などの対応が必要になり、

経験と技術が要求されてきます。生コンクリートを打設する時も、この型枠の

「高さ×幅×距離」を計算して、何㎥使用するのか2日~3日前にコンクリート会社に

連絡して、型枠の完成する頃をあらかじめ予想し発注しておきます。

意外とシビアな所が土木工事には求められて、これを上手に廻して行く事が

経費の節約にも繋がるし、仕事の効率も上がり利益を生む事と言えるでしょう。

 

造園工事・屋上緑化工事・エクステリア工事  ドースワン

 

 

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://www.dohsuone.net/archives/724/trackback